ネットの各証券会社や金融情報サイト、価格.com等の比較サイト等多くのサイトで投資信託の売れ筋ランキングが記載されています。

これらランキングで上位にある投資信託は非常に人気があり、利回りも良い物が多くつい惹かれて買ってしまいそうになりますが、安定的にかつ長期的に資産を増やしたいと考えるならランキングを見て投資信託を選んではいけません

何故なら、

  • ランキングだけ見ても内容が分からない
  • 人気が集まるのはハイリスク商品が多い
  • ランキングは良い物ではなく売れているものが上位に来る
  • そもそも投資信託はよく分からず買う人が大半

 

だからです。




ランキングだけじゃよく分からない

当たり前ですがランキングの情報だけではその投資信託がどんな投信なのか分かりません。

下画像は価格ドットコムのランキング1位の投信の情報ですが、基準価額や純資産、シャープレシオ(リスクの度合い)、信託報酬(運用に掛かる手数料)、分配金等重要な事項についてはだいたい書かれています。

価格コムランキング1位

ここに書かれている情報を見ればその投資信託がこれまでどのような運用を行ってきたのか、利益が出ているか出ていないか、リスクが高いか低いか等だいたいのことはわかります。

しかし肝心の中身が全く分かりません。

何故利益が出ているのか、基準価額が下がっているのか、上がっているのか、それどころか投資信託の特徴が書かれているのはわずか数行(下画像参照)しかないため、どのような投資信託なのか、具体的に何に投資をしているのかさえもこれだけでは全く見えてきません。

価格コムランキング特徴

これだけの情報量で購入を決めてしまうのはあまりにもリスクが高いです。不動産で例えるなら外観だけを見て購入を決めるようなものです。

価格ドットコムに至ってはトータルリターン(実質の収益率)さえも表記されていないので本当に利益が出ているファンドなのかさえもわかりません。

ハイリスクハイリターンに人気が集まる

投資信託のランキングページでは儲かるかどうかわかりやすい収益率や分配金で比較されやすいため、どうしてもそれらが高い投信が売れやすいです。

例えば分配金が毎月100円ずつ出ている投信と、0円が並ぶ投信二つを比較した時、圧倒的に前者の方が売れてしまうわけです。

価格ドットコムの人気ランキングにおいても上位10位のうち実に9本の投資信託が毎月分配型の投資信託でした(2016年5月17日時点)。

毎月分配型の投資信託は、高利回りの毎月分配金支払いの投資信託を買ってはいけない理由でも書いた通り、投資家の目を引くために元本(資産)を切り崩して分配金を出しているものも多くリスクが高いものがほとんどです。

実際、それら9本の投資信託のほとんどが信託報酬1.5%を超えるアクティブ型の投資信託でハイリスクハイリターンの投資手法となっています。

ランキング信託報酬

もちろんこれらの投資信託を絶対買ってはいけないとは言いませんが、低リスクで堅実に資産を増やしたいと考える投資初心者に向いているとは言えないでしょう。

売れているものが売れる単純構造

ランキングとはそもそも売れているものが上位に来る構造となっています。

つまり決して良い商品が上位にあるわけではありません。

例えば日本で一番売れているスマートフォンはダントツでiPhoneですが、だからと言ってiPhoneがダントツに良いかというとそうとは言えない部分があります。

事実、スマートフォンに詳しい人がiPhoneを持っていないということは少なくありません。その業界に詳しい人が売れている商品を必ず評価するとは限りません。

投資信託も同様にランキング上位にあるものは人気のある商品であり、投資信託に詳しく資産を堅実に増やしている人が買っている商品ばかりとは限らないわけです。

ちなみに私も上記価格ドットコムの上位3位の商品を買っていませんし買おうとも思いません。

ランキングは基本的に広告によって宣伝され、知名度が上がったものが上位表示されるようになっています。

投資信託に限った話ではありませんがランキング上位だからと言って良い商品であるとは限らないので注意しましょう。

そもそも買っている人の大半がよく分かっていない

ランキングを見て買ってはいけない最大の理由がこれです。

日本は欧米の先進国に比べ投資に疎い人が多く、よくわからないまま投資信託を買っている人が多いです。

欧米では投資について学校で学ぶ機会がありますが日本では「株式会社の仕組み」のようなことしか学びません。

そのため銀行等で、

「低リスクで資産が増やせます」

とか、

「専門家が運用するので安心して資産が増やせます」

「毎月分配金が支払われます」

のような営業トークを簡単に鵜呑みにして購入する人がほとんどです。

実際、売れやすい投資信託はランキングを見ての通り高配当の分配金を毎月支払っている投資信託が中心で、リスクが低く着実に資産を増やしている投資信託ではありません。

しかし投資信託を買う人のニーズ、要望は低リスク低リターンで、着実に増やしたいと考えていることがほとんどです。

ハイリスクハイリターンを望む人は株取引やFX等をやるでしょう。

にも関わらずハイリスクハイリターンの投資信託ばかり売れているのは買っている人達の多くが投資信託の中でもハイリスクハイリターンの商品を買っていることに気が付いていないからです。

まとめ

投資信託を購入している人の大半は具体的に何に投資をしているのか、どれくらいのリスクがあるのか、毎月分配金をもらえることがどういうことなのか、基準価額が下がるということはどういうことか・・・

それらを何もわからず購入している人がほとんどです。でなければこのようなランキング結果にはならないはずです。

先述した通り日本では金融商品、資産運用に対する知識を持っている人が少ないため、売れ筋商品を買うと金融会社にカモにされてしまうケースがほとんどです。

例えば(金融会社の)債券投資によって払い戻しを行っている個人年金なんかも、自分で債券に投資した方がずっとリターンは大きいはずなんですが、同じリスクでとても利回りの悪い方(個人年金)を選ぶ人がたくさんいるわけです。

投資信託を買っている人、選んでいる人のほとんどがよくわからず購入しているわけですから売れている商品を買うのは非常に危険です。

ランキングを見て投資信託を選ぶのはやめましょう。